\カンタンつるりんクリームはこちら/

ラグジーブレア

ラグジーブレア vio ラグジーブレアはデリケートなvioにも使えるの?

最近の女性の密かな悩みの1つがvioの処理のようです。
巷ではCMもどんどんやってたりと、気になる情報がいっぱい流れてきますよね。
そんなこともあって、除毛クリームでvio処理ができないかどうかを知りたい女性が多いんですね。

 

除毛クリームの中でも大人気のラグジーブレア・インバスリムーバーは、
vio(女性のデリケートゾーン)の除毛にも使えるのでしょうか?

 

残念ながら、ラグジーブレアではvioの除毛処理はできません。
公式サイトでもvio処理には向かないと書かれています。
理由は、オーガニックな成分で体毛のタンパク質切断する方式とはいえ、
肌刺激が全くゼロではないからです。

 

vioはとてもデリケートで肌も柔らかくて傷つきやすいです。
それで、極力刺激的な方法を避けたいということです。

 

vio処理は、

  • いろんな面で清潔になって健康面でもとても良い

そんな理由もあって気になる女性が増えていますけれど、

  • 人前で処理してもらう勇気が出ない
  • 何回か通うことがネックになる
  • 脱毛サロンへの出入りを知られたく、見られたくない

そんな理由やキモチから「自分で処理できないかな」って考えてしまうのですね!

 

でも、実際のところ、除毛クリームや脱毛クリームでは難しいです。
使用にあたって、vioには使えないとされています。
特に脱毛クリーム(ラグジーブレアは除毛クリーム)は、「毛根を破壊して体毛を抜く」ので、より高刺激な方法です。
敏感なvioには絶対に使えないです。

 

 

例外もある?!

 

ただし、例はあるようです。
ラグジーブレアのように成分がオーガニックで低刺激なので、人によってはチャレンジして成功している女性もいるにはいるようです。
こんなネットの口コミもあります、、、

例えばVIOの除毛で20分放置って嫌ですよね。
洗面所で化粧したりしてなんとか時間を潰していました。

 

この方は、どうもラグジーブレアでvio処理ができると勘違いをしてチャレンジしたようです、、、(*_*)
でも、結果はOK、満足できた、、、(*_*)

 

ラグジーブレアがいかに低刺激かがわかる口コミですが、普通の女性は真似しないでくだい。
ただし、他にも例はあって、私の知人(といっても、年齢はアラフォー)も、

vラインの浅いところまでならOKですね。
後は、剃刀で自分でしっかりと剃っている。
慣れれば簡単にできる。

と言ってはいますが、正直勇気はありません。

 

外国(特に欧米)では、女性がvio処理するのはもうごく普通のことのようです。
彼女も、外国人の恋人(現在のご主人)ができて、イザの時にvioに体毛があることで驚かれたのがきっかけだったとか。

 

そんな外国の女性は、サロンで脱毛するばかりでなく、入浴時に自分で剃ってしまう人も多いとか。
慣れっていうか、ぜんぜん考え方が違うので、そんなアイテムもあるのかも、充実しているのかもしれませんね。
ちなみに、彼女は普通のカミソリだそうです(普通のカミソリ自体がわからないですが)。

 

話を戻すと、やはりいかに低刺激なラグジーブレアでも、vioは控えた方が良いです。
公式サイトでは、

顔やデリケートゾーンへはご使用いただけません。

 

ラグジーブレアは、ワキ、腕、足、太ももなどのお手入れを目的ととした除毛クリームです。ですので、粘膜の弱い部分や顔、デリケートゾーンへのご使用はできません。

こんなふうに書かれています。

 

私の調べたところでは、

  • 実際のところ、「日本製、国内で販売されている除毛クリーム、脱毛クリームでvioに使えるものは無い」というのが現状です。

 

なので、やはり控えた方が無難ですね。
それでも、太ももの付け根の部分やおへそ下の部分、vラインの外側部分なら?っていう気持ちも沸きますよね。
それは、自己責任ということですね。
実際には、その部分にも結構使っている女性はいるようです。

 

でも、肌質や肌の刺激の強さなどは個人差が大きいので自分と相談です。

 

くれぐれも、安全にお使いください!

 

 

 

 

 

TOPへ